Carrera Popular "El Naranjo"

未亡人になった叔母との近親相姦

私には現在彼女がいますが彼女には内緒で叔母と秘密の関係をもっています。私は小さいころに母親を亡くし、小さいころから叔母がよく面倒を見るようになりました。 秘密の関係になったのは、私が大学に合格し叔母がお祝いにと一緒に食事に行った時のことです。 当時の叔母は40代半ばくらいで夫を亡くし未亡人となった時期でした。普段は明るく私に接してくれますが、時折見せる寂しげな顔がとても印象的でした。性欲旺盛な私は未亡人になった熟女とセックスがしたい…と想像していた私ですが、そんな不謹慎な事は出来ないと理性で言い聞かせていました。そんな叔母と一緒に食事に行き、私が大学で抱えている悩みや一人暮らしの不安を打ち明けると叔母は色々なアドバイスをしてくれ当時の僕を励ましてくれました。そして程よくお酒を飲みトイレで用を足そうと席を外しトイレに入ると、叔母が入ってきていきなり個室トイレに連れ込まれました。あまりに突然のことで私の頭は混乱し、何の抵抗も出来ませんでした。そして壁に身体を押さえつけられ、個室トイレの鍵を閉めて、私のズボンを下ろすと間髪入れずにフェラが始まりました。いったいどうして…と思いましたが叔母のフェラテクが想像以上に凄かったこともあり、されるがまま舐められ、そのまま叔母の口に射精してしまいました。叔母は僕の精子を飲み干し恍惚な表情で僕を見上げてきました。正直私の叔母は40半ばとはいっても、見た目はかなり美形のスレンダーボディで、しかも巨乳で…密かに憧れていた存在です。そんな叔母がこんな事をしてくれるなんて…と考えると、もう我慢することは不可能でした。叔母を強く抱きしめ、スカートと下着を乱暴に剥ぎ取るように脱がし、壁に両手を尽かせて後ろから生で挿入しました。自分の叔母とこんな事をしている…という背徳感に包まれましたが、それがまた私を興奮させる材料となりました。ドロドロと愛液を垂れ流して私の肉棒を咥える叔母の性器は、私が突くたびにクチュクチュと卑猥な音を鳴らしていました。肉棒に絡みつきギュッと締まる感じが最高に気持ち良く、これこそ名器だと確信しました。そこから私はひたすら叔母の名器を突き上げました。そして私が射精する寸前に、今まで声を押し殺していた叔母が、「お願いだから…中にちょうだい…」と甘い声でささやかれ、さらに叔母を激しく突きました。トイレにニチャニチャといやらしい音が響いていました。そして射精する瞬間に、私は叔母に抱きつき肉棒を一番奥に当てながら果てました。彼女にもしたことがない生中出し。これほどの快感に包まれるとは思ってもいませんでした。アソコからゆっくり肉棒を引き出し便器にへたり込んでいると、叔母が愛液で泡だった私の肉棒を口に含み、丁寧にお掃除フェラまでしてくれました。その表情がとてもエロくてすぐに元気になった私は、急いでお店の勘定をすませ近くにあったラブホテルへ…もはや背徳感を感じることなく叔母を抱きました。やはり血が繋がっているからか、カラダの相性は抜群で、それから数年経った今でも、月に一度は会って叔母との近親相姦を楽しんでいます。

知られざるエロアニメの歴史

現在人気ジャンルの一つであるエロアニメですが、一番最初に成人を対象としたポルノアニメが公開されたのは1932年に製作された作品だったそうです。今から80年も前からエロアニメが作られていたなんて驚きですよね。 その後、1980年代半ばになるとアダルトビデオの延長線上としてアダルトアニメというジャンルが確立されていきます。当時はビデオテープで量産されていてエロアニメの先駆け作品となる「くりぃむレモン」シリーズが発売され、 エロアニメが一代ブームとなりました。その当時は学園モノが主流となっていましたが、徐々にジャンルも増えてきて淫獣モノや妖獣モノもブームとなりました。この頃からエロアニメでも規制がかかる様になり無修正物は日本では発売 することが出来なくなっていました。その為男性器を模した想像上の触手を女性キャラクターに絡ませることで規制を回避した作品が増えてきます。しかし近年では、さらに規制が厳しくなり女性器が描かれていない場面でも 陰茎を連想させる触手そのものにさえ規制がかかるケースが出ていて、その存在意義も薄れつつあります。個人的にエロアニメには修正をかけないでもらいたいですけどね…w近年のエロアニメの特徴と言えば、一般向けのアニメーションを作成している制作プロダクションが、名義を変えてアダルトアニメの制作に携わる様になりました。その為、発売される作品数も増加も見られており、 アダルトゲーム原作の作品がエロアニメ動画として製作されています。調べれば 調べるほど奥深いエロアニメですが少しでも興味が出てきた人は、一度視聴してみることをお勧めします。

熟女レズビアンの魅力

女性の魅力の一つとして若さがありますが、年を重ねても素敵な女性はたくさんいますよね。筆者はレズビアンですが、最近40代のレズビアンの方と知り合いになる機会があって話をしてみたんですけど、今までこんな素敵な人どこにいたんだろう。もっと早く出会えていたら…と思うような魅力に溢れるレズビアンの方でした。その方は自分で熟女レズビアンと言っていましたがとても熟女には見えない清楚な見た目をしていました。40代や50代の女性と言えば若い世代にはない落ち着きや包容力を持っていたり、人生経験も豊富でそれが魅力になって表れているんだと思います。そういう私も30代になりもうすぐで熟女と呼ばれてしまう年代なのですが、その人と比べると落ち着きもなくどこでこの差が出来てしまったのか不思議に思います。 熟女レズビアンの方は恋にしても仕事や人間関係にたいしてどこで力を抜いて、どこで力を入れるのかをしっかりと把握している印象を持ちました。何に対しても全力だった10・20代の時とは違って様々な経験を活かして生活することが出来るようになってるのかなと思いました。それが大人の魅力に繋がりさらに魅力的に見える訳ですね。さらに熟女レズビアンとのセックスは若い人と違って濃厚で官能的です。ノンケの女性でも一度味わってしまったら二度と抜け出せないくらいハマってしまうかもしれません。

Mっ気のあるデリヘル嬢のはずが…

仕事で都内を二週間ほど離れていたが会社から久しぶりの休みを貰ったのでたまにはデリヘルでも呼んでみるかと思い探してみた。いつもはお気に入りのデリ嬢を呼ぶのだが、あいにくその子は休みだった。仕方なしにエリア別に新人情報や優良デリバリーヘルスを探すことが出来るサイトを見つけたので、そのサイトで新人デリ嬢を呼ぶことに。その日は仕事のストレスが溜まっていてイジメたい気分だったので電話でMッ気のある子と注文しておいた。自宅で待つこと30分。チャイムが鳴り見てみるとワンピースにホットパンツ姿の美女が立っていた。正直オレのどストライクだった。すぐに部屋に入れて会話をすると興味なさそうな感じでえらく大人しい。一緒にお風呂に入っても盛り上がらない。どうしようかなと考えながらベッドへ。とりあえずアナルと秘部にむしゃぶりつくと薄い反応が。ポルチオを責めてもあんまりな感じ。こんな状態が続き腕も疲れてきたのでもうやめようと思ったら「あっイキそう、イッテもいい?」と言ってきた。残りの力を振り絞って責めると甘い吐息を漏らして逝ってしまった。今度は攻守交代して正常位素股の体勢に。ダメもとで入れてもいい?と聞くとゴム有ならと言われたのですぐにゴムをつけて挿入。キツイ締め付けにギンギン状態になってしまった。体位を変え四つん這いでバックにそのままパンパンと音を鳴らして突きまくり、ついでにお尻も叩きまくる。余程気持ち良いようで口から涎を流して喘ぐ彼女。全身汁まみれでグチョグチョになりながら突きまくり密着した状態で同時に果てる。プレイ後に聞くと予定してたMッ気のある子が急に休みになり代理できたのだとか。得意のプレイはS系だというので次は指名してSMプレイを楽しもうと決めたのだ。