知られざるエロアニメの歴史

現在人気ジャンルの一つであるエロアニメですが、一番最初に成人を対象としたポルノアニメが公開されたのは1932年に製作された作品だったそうです。
今から80年も前からエロアニメが作られていたなんて驚きですよね。
その後、1980年代半ばになるとアダルトビデオの延長線上としてアダルトアニメというジャンルが確立されていきます。
当時はビデオテープで量産されていてエロアニメ動画の先駆け作品となる「くりぃむレモン」シリーズが発売されエロアニメ動画が一代ブームとなりました。
その当時は学園モノが主流となっていましたが、徐々にジャンルも増えてきて淫獣モノや妖獣モノもブームとなりました。

この頃からエロアニメでも規制がかかる様になり無修正物は日本では発売することが出来なくなっていました。
その為男性器を模した想像上の触手を女性キャラクターに絡ませることで規制を回避した作品が増えてきます。
しかし近年では、さらに規制が厳しくなり女性器が描かれていない場面でも
陰茎を連想させる触手そのものにさえ規制がかかるケースが出ていて、その存在意義も薄れつつあります。
個人的にエロアニメには修正をかけないでもらいたいですけどね…w
近年のエロアニメの特徴と言えば、一般向けのアニメーションを作成している制作プロダクションが
名義を変えてアダルトアニメの制作に携わる様になりました。その為、発売される作品数も増加も見られており、
アダルトゲーム原作の作品がエロアニメ動画として製作されています。
調べれば調べるほど奥深いエロアニメですが少しでも興味が出てきた人は、一度視聴してみることをお勧めします。